おバイクの作法[ニーグリップ・ヒールグリップ]

オートバイ

こんにちは~HSK-WORKSのワーカーです。
今回はオートバイの乗り方についてでーす。

お作法「ニーグリップ+ヒールグリップ=良い感じ」

走り方

ツーリング中に
「どのように走ってますか?」
と聞かれました。
僕もバイクに乗り始めたころに
先輩に同じような質問したことを思い出しました。
何速(ギア)で走ってますか?
目線はどこに向けてますか?
肩は内側にいれるのですか?
どこでブレーキしてますか?
マネするのもひとつの方法だと思っています。

そこで僕が良い感じにバイクに乗る為の
ニーグリップ、ヒールグリップ
について書いてみます。

ヒザスリ

さっそく脱線ですがヒザスリしたい!
と思ったことありますよね?

僕もいつかはヒザスリ!
と思って本屋やネットの知識から
・体をずらしてイン側に落とす
 (何はともあれ)
・外足加重をするらしい
 (どのようにやるかわからない)
・イン側の膝は開く
 (車体の速度も足りないのに無理でも)
とヒザスリに必要な条件は満たしてないのに
恰好だけマネして
シートにだけ加重して
落とした体を支える為に
ステップに引っ掛けてバランスを
取ろうとしていました。

あのころ

純正ステップは可倒式なので
下から上に力がかかると
ステップが跳ね上がります。
なのでバランスが取れず
うまく曲がれませんでした・・・。

そのころは本気でステップが
跳ね上がるのがダメだから
固定式のバックステップ入れようと
思ってました(--;

このヒザスリするにも
ニーグリップ、ヒールグリップが
関係してました。

ニーグリップ

バイクに乗って人が触れている部分は
ざっくりと
・手の平(ハンドル)
・足の裏(ステップ)
・内もも(タンク)
・お尻(シート)
などです。

その中でも膝から太ももで
バイクのタンクを挟むニーグリップ。
教習所でも教わります。
たまに参加する警察主催の
安全講習会などでも
基本はニーグリップだよ
と助言を頂くことが多々あります。

とは言え乗っている最中
ずーっとニーグリップしていたら
疲れちゃいます(^^;

ですのでニーグリップは
必要な時に必要な力
で行う必要があります。

また両足で挟まない
ニーグリップもあります。

ヒールグリップ

僕がニーグリップと同じくらい
重要だなと思うのがヒールグリップです。

と言ってもどのようにカカトで押さえるのか
僕流のヒールグリップは2段階です。
・しっかりステップに加重する
・それからカカトでグリップする

いち例をだすと
まずはしっかり左右のステップに体重を乗せる。
例えば長距離走った時に柔軟がてら
立ち上がることがあると思いますが
その時の要領です。

次に足の外側とステップの先端を
中心にしてカカト側にひねるようにすると
僕のいうヒールグリップになります。

下の絵では土踏まずでステップに乗るイメージですが
爪先でステップに乗る場合も基本は同じです。
その場合は足の小指あたりを支点にしてひねり
カカトを車体やステップガードに押し付けます。

僕がこれに気付けたのは
茂木でやっていたダートトラックスクール
に参加したからです。

ダートトラックとは
専用の砂で整地された
左回りのオーバルトラックで
フロントブレーキが無く
曲がるときはスライドで減速し
左足は基本出しっぱなしでバランスをとり
右足で車体を押さえつけ
安定させる必要がありました。
その時にニーグリップ
(両足で挟むのではない)と
ステップ加重が意識できるようになりました。

ダートトラックスクールのひとコマ

参考に僕のライディングブーツです。
赤い踵の部分が汚れているのは
ヒールグリップしているからです。

ちなみにステップガードにも
ヒールグリップによる傷があります。

左側
右側
まとめ

ヒザスリをするには
しっかりステップ加重することで
ヒールグリップして
さらにニーグリップに繋げて
適切なバランスを取れればヒザスリも夢ではない!

まぁヒザスリするしないは別として(^^;
僕が良い感じにバイクに乗る為にしている
ニーグリップ、ヒールグリップについてでした。

ちなみにVTR1000SP1は燃料警告灯が
点くころにはタンクも熱くなってきて
ニーグリップがしにくくなります(ーー;
給油すると冷えて楽になりま~す。

以上参考になったらうれしいです。ご精読ありがとうございました。
ワーカーでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました