おバイクの作法[メンテナンススタンドのメンテナンス その2]

オートバイ

HSK-WORKSのワーカーです
中古で購入したメンテナンススタンドを
メンテナンスしました

お作法「スタンドかけてる姿はカッコイイ」

続き

前回は
・2りんかんリアスタンド
・JTripロングリアスタンド
・JTripフォークアップスタンド
を書きましたので
今回は続きの
・JTripフロントスタンド←NEW!
・JTripショートリアスタンド←NEW!
となりますー

フロントスタンド

フォークアップスタンドがあるので
絶対に必要ではなかったのですが
それでも程度や値段が折り合うなら
いつかは欲しいと思っていた
フロントスタンド
縁があって中古を購入する事が出来ました

中古なので錆などは想定通り
これらを奇麗にしてから
使おうと思います

サクッと分解して錆の酷い部分を中心に
金属たわしで磨いてペンキを筆塗りです

車輪のスペーサーです

汚れ程度なのでこちらも
金属たわしで磨いて再利用します

8mm穴の車輪です
ひび割れなどは無かったので
洗って再利用します

スペーサーとボルトにグリスを付けて
元通りにします

折り畳んだ時に接地する部分(赤丸)の
キャップがありませんでした
補修部品も無かったので
直径13mmにハマる
何かキャップは無いかと探してみると

100均にありました
傘の柄に付けるシリコンのキャップです
色を合わせる為に2パック買いました


キャップの穴が直径16mmとが大きかったので
ビニールテープを巻きました(赤丸)

ばっちり取付できました

下側が完成しました

フロントフェンダーの傷防止用に
(かな?)ゴムが貼られていましたが
ボロボロだったので替わりに
クッションテープを貼り付けました

内側のパイプも磨いたものを
元に戻して

高さ調整ネジで固定します
高さ調整ネジのネジ部分がサビサビ
だったのでチェンジノブを使いました

下部分と上部分を結合します

できました

重要な先端のボスも錆ていたので
金属たわしで磨いてサビチェンジャー
を塗りました

抜け止めのOリングも交換しました
Oリングがハマる部分の径を測ると17.3mm
だったので上記のものを選びました

最後にボスを取り付けて完了です

早速フロントアップしました
何をするわけでもないですが
カッコイイ~
ただキャリパー掃除は
フォークアップのが使い勝手がよいかも?

前から
僕のVTR1000SPをフロントアップするには
13Φのボスのみでカラーは不要でした

フロントフェンダーに当たりそうな所を
黒のグリップテープを巻きました

100均のアウトドアコーナーにあった
グリップテープです
僕が見たときは赤と黒がありました

出典:J-Trip

現行のスタンドには畳んだ時に開かないように
突起とゴムベルトが追加されていました

突起の溶接はできないので
何か同じ様な事ができないか・・・
ロングリアスタンドで棒を
格納した方法を使ってー

こんな感じで開き止めにしました

ショートリアスタンド

フロントスタンドとセットだった
ショートリアスタンド
こちらもメンテしていきます

外せるものは外して

錆びてる部分は

磨きます

メッキ加工されている部分にも
結構なサビが出てます

磨くだけでこんなに綺麗になりました
これが錆びたというよりは
差し込む側が錆びていたようです

L受けも錆びています

Cリングを外してさらに分解
中も磨きます

車輪のボルトも錆びています
ダイスで掃除しても取り切れないので
交換します

バイク用品店の
M8のボタンキャップボルト40mm
中々なお値段

ホームセンターには
ボタンキャップボルトは無く
普通のキャップボルトはありました
大体半値か・・・
誰が見るわけでは無いですが
ボタンキャップにしました

磨いたものをペンキで塗ります
取り出した塗料が余ったので
弾かれるのは承知の上でメッキ部分にも
塗りました

L受けを組み立てます
四角い部品に

L受け部分を入れて

Cリングをはめ込みます

本体に取り付け

固定ネジや高さ調整ネジも
錆でふやけて!?いたので
ノブにチェンジして完成です

パイプ椅子クッション

ホームセンターで物色中に
使えそうなものを発見しました

パイプ椅子の足(地面と接地する部分)
にはめる商品

フォークアップスタンドの接地部分に

グリップテープは不要になるけど
ダメになるまでは付けときます

ロングリアスタンドにも

タイヤと4点接地です

横からこんな感じになります
(作業時期が前後しているので
実はフロントスタンドには
すでについてたりします・・・)

ロングリアスタンドを外して
立てるとこうなりますが
Vフック受けが地面と接地しているので

ゴム足を貼り付けました

こんな感じにしました
カバーの上にカバーみたいな(--;

部品探しや磨き作業
色塗りや乾燥時間と
ちまちま作業していたので
思った以上に時間がかかりました
しばらくは奇麗な状態で
気分良く眺められそうです
・・・乗らないの?(^^;

以上参考になればうれしいです
ご精読ありがとうございました
ワーカーでしたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました