おバイクの作法[VTR1000SP1 ドラレコ(デイトナ MIO M760D)取付]

VTR1000SP1

HSK-WORKSのワーカーです
VTRにドラレコを取り付けますよー

お作法「重量物を先端に付けるという事」

重い腰をようやく上げる(^^;

VTRにドラレコをつけるにあたり
フロントカメラとスイッチ兼GPSを
フロント回りに持ってくるのが面倒
で中々手が付けられなかったのですが
前回記事のパワコマスイッチ取付
合わせて時間が確保できそうなので
取り付けました

スイッチ兼GSPは車体の左側を通して
左ハンドルに付けて
フロントカメラは車体の右側を通して
右側前に付けて
リアカメラはなんかイイ位置に
付けようと妄想して作業開始です!

スイッチ兼GPSの取付

スイッチ兼GPSは左ハンドルに
取り付けます
パワコママップスイッチの
右側にあるクラッチマスター
のクランプに共締めしました

お得意のL字のアルミ材から
切り出して穴を2つ開け
こんな感じに取り付けました


穴のひとつはボルトが入り


スイッチ底部の(半分だけはがした)両面テープと
スイッチにある固定用の穴を通した結束バンドを
もう一方の穴に通して固定します

スイッチのコードは他の配線に沿わせて
結束バンドで適宜固定しました

スイッチのコードはパワコマスイッチの
コードと同じように車体の左側を通しました

フロントカメラの取付

何はともあれフロントのカメラの
位置を決めます
水平で直下になるように
よーく狙って・・・・えいっや!
と貼り付けました


多分フロントフォークが
フルボトムしても大丈夫だと思います
フルボトムしてフロントフェンダーに
当たるようならその時に別の位置を
考えようかと思います


コードを接続して右のカウル内に
押し込みました
左側にはリレーやらなんやらコードが
いっぱいですが右側は余裕があります


真横から見るとこんな感じです


左側は配線がほとんど無く
フロントカメラのコードを
通すのも簡単です


タンクを降ろした時にコードの上に
乗らないように注意します

リアカメラの取付

さてフロントと同じ大きさの
リアカメラなのですが
まぁまぁの大きさがあります


以前の妄想記事でも書きましたが
後ろが問題なく撮影できて
他に干渉しない位置が
以下の位置くらいなのです


ただ重量物を先端に取り付けるのは
いずれ根本を破壊しそうなで
嫌なのですが・・・


とりあえずドラレコとして
どんな感じで映るか
確認という事で一旦取り付けてみます


カメラからのコード長さでは内部に
取り込めないので接続した部分は
熱収縮チューブで覆って
ナンバーステーの間に固定しました

配線整頓

ドラレコ本体とそこから
・前方カメラコード
・後方カメラコード
・スイッチコード
・電源コード
特に後方カメラのコードが余りました
グルグル巻いて何とか押し込み


できる限りスッキリさせました
ドラレコの本体はココ(赤四角)です

ドラレコ本体はシートフレームに
ゴムバンドで固定しています
断熱にゴム板を挟み込んでいます
またSDカード取り出し口は
あらかじめネジは外しており
ゴムバンドでイイ感じに押さえられる
ようになっています
この位置ならばシートカウルを
付けてもシングルシートのフタを
外せばSDカードの入れ替えができます

タンクを上げて配線する為には
・シート
・シートカウル
・左右サイドカウル
(下の4つのネジとかキライ・・・)
を外す必要があり
いざ外すとその置き場も必要で
作業を始めるのに勢いが必要でした
厳しい体勢での作業に腰が痛くなったり
リアカメラはまだ検討の余地がありますが
とりあえずこの仕様で映り具合など
確認しようと思います

以上参考になればうれしいです
ご精読ありがとうございました
ワーカーでしたー

コメント

タイトルとURLをコピーしました